アフリカ大好き! 野性を感じる刑事事件弁護士が不正を追及します

刑事事件による前科と解雇を防ぐために弁護士に相談しましょう

なぜ刑事トラブルは弁護士にすぐ相談すべきなのか?

飛び交う鳥たち刑事事件の加害者となってしまった場合には、まず2つのことに留意する必要があります。
それは前科と職場復帰です。
前科が付いてしまうと、様々な悪影響が出てきます。
中には人生の選択肢を大きく狭める内容もあるため、前科が付かないように対策を行うことが重要です。
前科が付いてしまうことにより制限される行為には、公的資格があります。

公的資格に影響があります

国家公務員や地方公務員のほかに、保育士、社会福祉士、司法書士、宅地建物取引主任者などの資格の取得ができなくなるほか、現在資格を保有している場合には剥奪されてしまいます。
また、医師や薬剤師の行為も大きく制限されることになります。
また、前科がある場合には、本人だけではなく両親や兄弟姉妹などの親族の就職にも悪影響を与えます。
企業によっては就職前に身辺調査をすることがあるため、就職の際の大きなマイナスポイントとなってしまうのです。

逮捕により社会生活に大きな影響が出ます

また、刑事事件の加害者は逮捕されることになります。
勾留されてしまうと会社を欠勤しなければなりません。
無断欠勤となってしまうと解雇されてしまう可能性があるほか、会社に逮捕された事実を伝えると職場復帰が困難になる恐れもあります。
勾留は数週間は続く可能性があるため、職場に知られることなく、かつ無断欠勤による解雇をされないようにする必要があります。

弁護士に依頼することで早期に復帰できるようになります

最も有効な対策が、1日でも早い身柄の解放です。
身柄を解放されることにより職場に復帰ができるほか、近隣の方に勾留された事実が知れ渡ることを防ぐことができます。
前科が付かないためにも、スムーズに職場復帰ができるためにも、刑事事件 弁護士にすぐに相談することが非常に重要となります。
相談が遅れれば遅れるほど、前科が付くことや勾留が長期間に及ぶ可能性が高まります。
まずは冷静になり、少しでも早い相談をするようにしましょう。

新しい刑事事件の弁護案件