警察の取り調べには黙秘や訂正が可能!弁護士に相談しましょう

刑事事件の被疑者の警察での取り調べの内容

メスライオン刑事事件の容疑者として警察に逮捕された時には、取調官による取り調べが行われます。
逮捕されていない場合でも、任意や強制で参考人として警察署に出頭して、取り調べが行われる場合もあります。
警察に逮捕された被疑者は、憲法38条1項と刑事訴訟法198条2項の規定により、黙秘権が与えられていますので、取調官からの質問に黙秘することができます。
黙秘権は日本国憲法によって認められている当然の権利ですので、取調官からの全ての質問に対して一切回答せず、ずっと黙っていても構いません。

黙秘しなければ供述調書が作られる

取調官からの質問に回答した場合には、取調官とのやり取りは供述調書と呼ばれる書類に記載されます。
供述調書は裁判での重要な証拠資料になりますので、取調官からの質問に対しては、十分に注意をして回答することが大切です。
供述調書の作成が終わると、取調官は供述調書に書かれている内容を読み上げます。
自分でじっくりと読むことも可能ですので、取調官に申し述べると、供述調書を自分で読むことができます。

供述調書は訂正できる

供述調書の内容に間違いがあると思った時には、被疑者には訂正権がありますので、供述調書の訂正を要求することができます。
きちんと訂正されるまでは供述調書への署名押印を拒絶することができますので、少しでも内容がおかしいと思った時には、供述調書の訂正を強く要求します。

署名の前に弁護士に相談しましょう

供述調書の内容に納得できた時には、署名押印を行います。
一度署名押印をすると、撤回することができないので、十分に納得したうえで署名押印をします。
供述調書の内容に納得ができない時には、署名押印を拒否することもできます。
弁護士を呼ぶこともできますので、弁護士に警察署に来てもらって、今後のことを相談できます。