刑事事件とになる窃盗行為について

刑事事件は国家・公的機関が裁きを与えます

シマウマの親子刑事事件とは、傷害や窃盗などの犯罪行為をしたと疑われる人について、警察や検察などの国の捜査機関が介入し、その人が犯罪行為を行ったのかを捜査し、裁判において刑罰を科すかどうかについて判断を行う手続きのことをいいます。
法律では被害者が加害者に直接、制裁をする、復讐することなどは禁じられています。
そのため被害者に変わって国家機関が加害者にたいして責任を追求して、刑罰を与えて制裁をするというシステムになっています。
刑罰を科すためには、原則として刑事裁判が必要となっており、刑事裁判を起こすことができるのが警察のみとなっています。

窃盗も刑事事件として扱われます。

窃盗罪には万引きやスリ、ひったくり、空き巣や車上荒らしなどさまざまな種類がありますが、法定刑として10年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。
前科がなく、盗んだ品物が少額だったり、出来心で盗んでしまったなどのケースでは、被害者に対して早期に謝罪し、被害弁償を行うことによって不起訴処分や罰金ですむ可能性もあります。

悪質の度合いにより、起訴か不起訴かが決まります

しかし、被害額が大きかったり、犯行態様が悪質であったという場合などは、公判請求が行われるが多いとされています。
悪質なひったくりなどでは、防犯対策の観点から起訴されてしまう場合も多くあります。
起訴されてしまった場合には、早急に被害弁償などを行うことによって、保釈請求できることもあり、保釈が許可されることも多々あるとされています。
また、反省と被害弁償、示談をすることによって執行猶予を得ることもできます。
人の物を盗んだり、売られている物を盗むことは悪いことですが、加害者なりの理由があります。
そのため、事件を表面だけを見るのではなく、加害者が盗みを行った原因を探り、問題を解決することが加害者が再犯しないためには重要です。